パーツの準備

パーツの準備

デコ電に必要なパーツなどについてです。

デコ電作成に必要なパーツの準備

パーツとしてデコ電に必要な物はラインストーンになります。この他、デコ電としてデザインする為にビーズやデコシールなんかも必要かもしれません。

 

ラインストーンにもいろいろ種類があって、基本的にはスワロフスキーとストーンアクリルと言うものになります。これらは色も形もたくさん有りますので必要な物を選んでください。

 

スワロフスキーについてですが、オーストラリアが発祥のクリスタルの老舗メーカーの名前となります。このメーカーのクリスタルは、純度が他のメーカーとぜんぜん違うという事もあり、人気があるメーカーです。

 

その分お値段設定も高めにされているのは仕方ないところです。有名な所で言うと、ベルサイユ宮殿やオペラ劇場で使われているシャンデリアのパーツの一部として使われているようです。

 

スワロフスキーの人気の秘密は、独自の技術と製法によって加工されるストーンではないかと思います。輝き方が他のメーカーと違っている事もあり、ラインストーンだけなくて色んなアクセサリー類としても製造されているのです。

 

その中でもラインストーンは、デコ電に使うとかなり可愛く仕上がる為にとても人気が高いパーツとなっています。

 

アクリルストーンの方は、ガラスよりも光線透過度が高く、合成樹脂アクリル繊維、合成繊維の二つを一つにまとめた物を指しています。まさにプラスチックの女王と呼ばれている様なのです。

 

熱にも寒さにも衝撃にも強いと言う事もあって、色んな場面で使われているみたいです。価格が安い為に、スワロフスキーよりは手軽に使えるというメリットがあります。

 

これらは自分の予算に合わせてどちらを選んでもいいと思いますので、自分のイメージと合うものを選んでみましょう。

 

 

では、簡単なデコ電の作り方を紹介してみましょう。

 

まずは「デコ電シート」と呼ばれる物を用意します。
携帯電話にラインストーン等を直接貼り付けていくのもいいのですが、ツルツルした面に直接付けても剥がれ落ちやすくて、その結果その部分が汚くなってしまうようになります。

 

デコ電シートはデコ電パーツを貼りやすくする為に、携帯電話の上に貼る敷物みたいな物になります。
色んな機種ごとに発売されていて、だいたい300円位とお手頃なお値段となっています。

 

次にデコ電のメインとなるパーツを購入していきましょう。
アクリルストーン、クリスタルガラス、パール、エポキシストーン、宝石類を模造した物、プラスチック製のパーツ類、金属製のパーツ類等、色々有りますのでお好みに合わせて選んでみてください。

 

あと、用意するのはそうしたパーツを接着する為の接着剤になります。

 

これだけ用意したら後はご自身のセンスに任せて貼っていくだけですね。
デコ電が完成したら、きちんと接着剤が乾いてくっつくまで焦らず待ちましょう。

 

出来れば一晩くらい置いて欲しいので、夜寝る前にやるのが良いかもしれませんね。そしたらデコ電の完成になります。

 

もちろんいくら乾いてくっついていたとしても、扱い方によっては剥がれてくる可能性もありますので、気を付けて扱うようにしてくださいね。

 

もしかしたら、こうした作り方はちょっと上級者向けかもしれませんので、初心者の場合は最初はシールタイプの物を貼るだけと言うところから始めてみても良いと思いますよ。

 

色々アレンジしてデコ電を楽しみましょう。

パーツの準備・関連ページ

デコ電の作り方
デコ電を作成するためのおおまかな作り方の説明です。
デコ電キットで作ってみよう
ちょっと自信が無い人は、デコ電キットを利用して作ってみましょう。

 
人気の株主優待
Copyright (C) 2012 デコ電ソムリエ〜0から始めるデコ電の作り方〜 All Rights Reserved.